絶景 温泉 山梨県

ほったらかし温泉「あっちの湯」「こっちの湯」どっちにする?時間帯は?

山梨県山梨市に絶景を楽しみながら入れる温泉があります。

標高は約700mで雄大な眺めが広がっています。

 

ほったらかし温泉に来たらまず迷うのが、「あっちの湯」にするか、「こっちの湯」にするかです。

どちらもそれぞれにメリットがあります。

初めての方や、お子様連れの方はあっちの湯の方が広いのでいいかもしれません。

 

また、ほったらかし温泉は日の出1時間前から空いているのでいつの時間帯に行けばいいのかも気になりますよね。

今回は実際行って分かったことを紹介していきたいと思います。

ほったらかし温泉「あっちの湯」「こっちの湯」のメリットデメリット。

ほったらかし温泉には2つのお風呂があります。

オープン当初は「こっちの湯」だけでしたが、2003年に「あっちの湯」も造られました。

建物はスタッフの方たちの手作りなのも驚きです。

 

両方入ってもいいですが、それぞれに入浴料が800円かかるので、出来ればどちらか選んで入りたいですよね。

私はいつも桃が旬の季節になると買いに来てほったらかし温泉に最後入って帰るのでどちらにも入浴したことがあります。

 

しほしー
お得な桃の記事も宜しければ合わせてご覧ください。
山梨の共選所を効率よく回ってはね出し桃をゲットできた方法や気づいたこと。

  今年も桃の季節が来ましたね。 山梨の桃を買いに共選所巡りをしてきました。 フルーツ大国の山梨県は桃の生産量全国1位なんです。   色々調べてみたけど...。 たくさんあってどこ ...

続きを見る

 

どちらも入浴させて頂いて分かった事やそれぞれのメリットとデメリットを紹介しますね。

あっちの湯

「あっちの湯」は2003年にオープンしました。

山肌に沿うように立っているので見晴らしが抜群です。

りすけ
まずはメリットから紹介するね。

 

広い!

なんと広さが「こっちの湯」の2倍あります。

普通の温泉施設と比べても露天風呂としてはとても広いです。

上段に木のお風呂(あつめとぬるめ)があり、下段に岩風呂があります。

 

洗い場が多い。

シャワーやカランが「こっちの湯」に比べて多くあるので安心です。

 

pHが高い。

「あっちの湯」のほうがわずかですが、pHが高いです。

泉質はアルカリ性単純温泉です。

別名「美人の湯」とも言われていますよ。

 

りすけ
デメリットは?

 

ココがダメ

初めての方には「あっちの湯」が人気なので、結構混んでいます。

富士山も見えますが、真正面からは見えません。

 

こっちの湯

「こっちの湯」は「あっちの湯」より先にオープンしていて、常連のお客さんに人気のお風呂です。

ニャビンくん
メリットから見てみよう。

 

ゆっくり浸かれる。

「こっちの湯」は比較的空いているイメージで私も連休に行きましたが、人も少なくゆっくり入れました。

小さいとはいえ、普通の温泉施設と比べると広いです。

 

富士山がど真ん中。

ど真ん中に富士山があるので大迫力のパノラマを眺めることが出来ます。

ニャビンくん
デメリットは?

ココがダメ

洗い場が外にあるので冬に行くと寒いかもしれません。

しほしー
それでも迷った時はいいアイテムがあります!

サイコロがあるので振って決めましょう!

 

ほったらかし温泉「あっちの湯」「こっちの湯」時間帯はいつがいいの?

ほったらかし温泉は日の出1時間前から22時までの営業なので同じ場所でも行く時間帯を変えれば色んな景色が楽しめます。

朝・昼・夜それぞれの時間帯でどんな景色が楽しめるのか紹介していきます。

 

日の出1時間前に行く場合。

日の出前に行けば夜景だって眺めることが出来ます。

ココに注意

「こっちの湯」は10時~なので日の出を見に行く場合は「あっちの湯」一択になります。

 

昼間に行く場合。

天気のいい日に行くと富士山が見え、最高の眺めです。

ココに注意

露天風呂には屋根がないので真夏に行くと結構日焼けします。

日よけ笠は置いてくれているのでそちらをかぶりましょう。

 

夜に行く場合。

日本三大夜景のひとつとして人気の夜景が露天風呂に浸かりながら眺めることが出来るので初めて行く方は夕暮れ時から行くことをおすすめします。

本当に感動しますよ。

ココに注意

夜景を見ながらは人気なので混みます。

道も暗いので車で来られる方は気を付けて下さいね。

 

ほったらかし温泉「あっちの湯」「こっちの湯」どちらも絶景の温泉です。

いかがでしたでしょうか。

元々ほったらかし温泉は老人ホームの建設のための温泉として作られていましたが中止となり、「こっちの湯」をつくりお客さんに解放されていたそうです。

他の温泉施設のように何かあるわけじゃないから名前に「ほったらかし」とつけてお客様をがっかりさせないようにと名前が付けられました。

 

しかし今では休憩所や食事処ができてほったらかし感は全くありません。(笑)

名物は「温玉あげ」でとろとろで美味しいですので是非食べてみて下さい。

 

住所

山梨県山梨県矢坪1669-18

 

営業時間 日の出1時間前~22時(最終受付21時30分)
定休日 なし
入浴料 大人800円(一風呂)、小人400円
電話番号 0533-23-1526

 

しほしー
ほったらかし温泉は日帰りなので近くで宿をとるのもいいかもしれませんね。

 

スポンサー

-絶景, 温泉, 山梨県
-, ,

© 2021 しほしーblog Powered by AFFINGER5